オンラインカジノ 法律 について

日本のギャンブルの状況は常に非常に不安定です。この国は、西洋からの伝統や娯楽の方法を理解することになると、保守的と見なされます。

日本の法律は、これまでも非常に厳しいままです。彼らは、国内で合法化されているいわゆる「スキル」ゲームと、現在違法と宣言されている「運ベース」ゲームとの間に細かい境界線を置いています。

西洋の言葉で言うと、この国にはカジノはありません。それでも、現在 日本には約20,000のギャンブルホールがあり、訪問者に「賞品付きのエンターテイメント」を提供しています。

概要

現在、日本ではカジノを合法化し、国内の一部の地域でカジノを許可するかどうかについて、激しい議論が行われています。数か月前から、「カジノビル」としても知られる特定の統合リゾート地域の実施を促進するビルが積極的に議論されてきました。

この法案は、日本の領土でカジノ施設を合法化することを目的としていますが、これは現在、日本の法律で禁止されています。現地の法律は、国が巨大な「パチンコ」産業を持つという論理を見ていないが、ギャンブルを合法化しない外国人の訪問者を混乱させることがよくあります。

日本の状況は不安定です。オンラインカジノ 法律は日本のゲームやギャンブルの活動に関連する法律の一部は20世紀初頭に遡り、現代の生活に対応していないためです。合法化された賭博活動の最初のリストには、乗馬と自転車レースのみが含まれていました。ボートレーシングとモーターバイクは、このリストに後から追加され、合計4つの「パブリックスポーツ」が作成されました。これらは、日本では「法外」と宣言されていない唯一のスポーツです。

法的状況

オンラインカジノ 賭博法に関する法律一般的に、ギャンブルは日本の刑法第185条に基づいて禁止されています。記事の本文には、「偶然または偶然によって決定される勝ち負けのイベント」に賭けた場合に課せられる罰についての詳細も記載されています。

ギャンブルに関して言えば、現在の日本の法律で最悪かつ最も批判されている部分の1つは、刑法が特定のゲームのあらゆる側面を偶然または偶然のみによって決定することを要求していないという事実です。これは基本的に、勝ち負けの特定の部分がこのような方法で決定されたとしても、ゲームはギャンブルのカテゴリーの一部と見なされ、国内で禁止されることを意味します。

日本の領土でギャンブルハウスを開くという単なる行為でさえ、日本では犯罪になっています。

合法であると法律に明記されてない賭博ゲームは?これはとてもグレイな質問です。ただし、自転車レース、オートバイレース、競馬、パワーボートレースの4つの公共スポーツが特別な法律の下で合法化されています。それらのすべては、現在地方自治体または政府法人の管理下に置かれています。宝くじと日本のサッカープールも、日本の禁止されているギャンブル活動のリストから除外されています。
上記の許可された活動を行いたいすべての人は、ライセンスが必要です。最新のライセンスは、地方自治体または政府関連機関のみが取得しています。

  • 競馬

オンラインカジノ 法律がないか?国内の主要な競馬活動は現在、日本競馬協会と呼ばれる組織によって運営されています。合計24の非JRAトラックが日本の領土で地方自治体によって運営されています。

  • 抽選

宝くじは過去10年間で合法化されました。現在、宝くじ券は特別に認可された宝くじブースで直接購入できます。現在、全国宝くじを運営している会社Totoは、法的に認可された唯一のウェブベースのギャンブルポータルです。

  • パチンコ

現在、パチンコは国の政府によって管理されていませんが、非常によく似ています。国内の他の合法化されたゲームはどれも地元のプレーヤーの間でそれほど人気が​​ないため、このゲームはユニークと見なされます。

  • 自転車レース

このタイプのエンターテインメントは、長年にわたって地元の人々の間で非常に人気があります。この国でのスポーツの始まりは、第二次世界大戦の終了後に報告されました。

  • 違法 カジノ 日本

現在、日本には法的カジノは存在しません。カジノを合法化するという考えが長年にわたって議題に置かれているため、この国は政策を変更することを検討してきました。

  • オンラインギャンブル

宝くじ、サッカーのトト、およびパブリックスポーツのオンライン賭博は、日本政府によって許可されています。ただし、これらは国内で現在合法化されている唯一の種類の賭け活動です。地元のプレイヤーがウェブベースのポーカーやビンゴゲームを含むオンラインカジノで提供されるゲームにアクセスする唯一の方法は、外国のオペレーターのウェブサイトを使用することです。

モバイルゲームのウェブサイトも、日本の領土での違法なギャンブルの機会の1つです。

ギャンブルの合法化に向けたステップ

現在のオンラインカジノの法律事情まとめはとてもグレイです。

日本のインターネットギャンブル過去数年間、日本の政治指導者は、国内のギャンブル業界を合法化することの長所と短所を検討してきました。最終的な親カジノ法は、追加の資本をもたらすことができると考えられていますが、過度のギャンブルを助長するという懸念もあります。

最新の、いわゆるカジノ法案は、2015年4月に行われる地方自治体選挙で投票にかけられる可能性があります。自民党。これにより、カジノ法のテーマは、2014年のギャンブル業界で最もホットなトピックの1つになりました。

日本のカジノ法案が承認されると、この国のギャンブル市場は、マカオと米国の市場に次いで世界で3番目に大きい市場になります。多数の国際的なギャンブル事業者がすでに国への投資に関心を示しています。

日本政府は、承認された場合、カジノ法案がより良い経済的安定性を見つけるのを支援することにより、国にとって役立つと考えています。日本での最終的な合法化は、長年の経済不況の後、日本が成長を強化するのにも役立ちます。それでも、国ではギャンブル活動は違法なままであり、まもなく将来の決定を下す予定です。

日本のオンラインギャンブルの未来に関する予測

日本がギャンブラーにとって夢の国ではないことは明らかです。ギャンブルに関する法律は非常に厳しく、限られたギャンブル活動は政府によって認可されたいくつかの日本のオンラインカジノサイトでのみ許可されています。地元のオンラインカジノJPYで人気のあるビデオスロット、ビデオポーカー、ルーレットには、スポーツベットのみが合法であるため、プレーヤーはベットできません。それにもかかわらず、国外で活動し、日本円またはあなたが望む他の通貨での賭けを受け入れる準備ができている日本のプレイヤーのための非常に多くの最高のオンラインカジノがあります。日本のトップ10のオンラインカジノの完全なリストと最新のカジノのオファー、およびチームによる日本でのオンラインカジノの専門家によるレビューは、HotCasinoOnline ウェッブサイトで見つけることができます。このリストは、日本のプレイヤー向けの新しいオンラインカジノで常に更新されているため、新しいカジノでリリースされたばかりのモバイルスロットジャパンを初めてプレイすることができます。

日本でのオンラインギャンブルの将来については、まだ明確ではありませんが、新しいギャンブル法が承認されると、近い将来に前向きな変化が起こる可能性があります。政府がオフラインギャンブル会場を合法化する場合は、認可されたオンラインカジノも取得し、読者向けの新しいタイトルと新しいゲームで日本のオンラインカジノ2016のリストを拡張したいと考えています。更新された法律を妨害できる唯一のものは、今日の町の話である日本のギャンブル中毒の問題です。しかし、政府が必要なバランスを見つけて、すぐに良いニュースをお届けできることを願っています。

私たちのサイトでは、次のものも見つけることができます。