オンラインカジノ 税金

日本のオンラインカジノの中でも、日本のユーザーに特にお勧めのものを厳選してランキング化しました。特定のサイトを売りつけるのではなく、多くのカジノでプレイしたプロとしての個人的な見解と他のプレーヤーの口コミ、そして各サイトの利用規約やライセンス情報を徹底的に調査して、良いものはいい、悪いものは悪いと公平に評価しました。

オンラインカジノで得た収入には、税金がかかりますし、確定申告も必要です。オンラインカジノ 脱税をしないで。しかし、法律上パチンコや競馬などのギャンブルも法律上は稼いだお金に対して税金がかかってきます。日本 オンラインカジノ おすすめも同じです。

オンラインカジノは気軽に好きな時間と場所でカジノゲームを楽しめ、勝てば実際に配当金を獲得できるだけでなく、他の国内公営ギャンブルと比較して還元率がとても高いことも特徴です。オンラインカジノでは還元率とあわせてペイアウト率という用語も使われています。何か良いオンラインカジノ 税金対策する方法はあるのでしょうか?下の分を読んでください。

 

オンラインカジノのペイアウト率「RTP」について

還元率とは、ベットする側が賭けた金額に対して運営者側が支払う配当金の割合を意味します。それに対してペイアウト率というのは賭けたコインやチップに対しての払い戻し数の比率を示しています。

たとえば、オンラインカジノではそれぞれのゲームでペイアウト率をサイト上で確認することもできます。こちらは、プレイヤーがゲームで実際にプレイしてカジノ側からペイアウトされた金額をベースに割り出されています。オンラインカジノのペイアウト率と他の公営ギャンブルのペイアウト率を比較すると、オンラインカジノがいかに配当を得られる確率が高いかということがよくわかります。

オンラインカジノは稼げる!と言われている理由はその点にあります。
オンラインカジノの RTP を確認することで、スロットでプレイする際に、どれだけ勝ちやすいかを知ることができます。オンラインカジノのスロットの還元率は、平均96~98%です。10000円賭けた場合、9600~9800円の資金が勝利金として返ってくるということになります。日本の代表的なギャンブルである競馬の還元率が約70%、パチンコスロットが約80%であることをを考えると、オンラインカジノの 還元率がどれだけ高いかが分かるかと思います。

このRTPはゲーム自体の平均RTPになりますが、このRTPも実際は日々変動しています。
例えばもしある日、あるプレイヤーが数百倍を当てる大勝利を収めたとします。そうすると、そのゲームの当日のペイアウト率は300%と驚くほど高い率が出ることになります。その後しばらくは20%など低い率が続くなどして全体的に見ると平均が95%程ということになります。

このようにペイアウト率が高いオンラインカジノでは、思いがけず大勝利を手にすることもあります。宝くじは一攫千金の夢がありますが、毎回夢を購入し続けてもある程度以上の高額当選する機会はそうそう無いのが現実。その点オンラインカジノではジャックポットで高額勝利金を手にしたプレイヤーのニュースは頻繁に発表されていますよね。しかも海外のプレイヤーだけでなく、日本人プレイヤーも続々高額配当金を手にしています。最近では2018年に人気ジャックポットをゲットした日本人プレイヤーがいます。

オンラインカジノの税金について

収入は税法上どういう扱いになるか日本の納税者なら気になるところ。それではパチスロや競馬などいろいろなギャンブルではどうなのでしょうか。競馬やパチンコで得た所得は、宝くじのように非課税所得の対象としては明記されていません。結局は課税対象になる、という事です。では競馬やパチンコに勝って税金を払いました。実際、これらのギャンブルでは景品交換という名目で、勝利した場合その場で金品がやり取りされることになりますし払い戻しに身分証明も必要なく、銀行などに履歴も残らないため言ってしまえば課税対象となる高額の配当金を得て税金を払わなかったとしても、特段の問題は発生しないのです。

オンラインカジノについては非課税対象として明記されていないため、課税対象となる金額以上の配当金を得た場合、オンラインカジノ 納税の義務が発生することになります。さらに競馬やパチンコと違って、ほとんどの場合勝利金はオンライン決済システムを介し銀行を通して出金するケースが多いため、完全に隠しておくことは難しいですし、やはり健全に楽しくオンラインカジノをプレイして勝利金を得たら、気持ちよく引き出し、納税者としての義務も全うしたいものです。

オンラインカジノで得た勝利金の納税方法とその税法上の分類

オンラインカジノを含めた非課税対象以外のギャンブルでの収益は一時所得とみなされ、所得税を納税する必要があります。
国税庁によると所得税とは「個人の所得に対してかかるプロギャンブラー 税金で、1年間の全ての所得から所得控除を差し引いた残りの課税所得に税率を適用し税額をオンラインカジノ 税金 計算」します。「所得税」には所得税法上10種類の区分があり、所得にかける税率や計算方法も、その種類によって異なります。

オンラインカジノでの所得は競馬や競輪の勝利金と同様に「一時所得」に相当します。一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得をいいます。その対象の中には「懸賞や福引きの賞金品」、「競馬や競輪の払戻金」が含まれます。オンラインカジノは明記がありませんが、競馬や競輪と同様のギャンブルとして見なされますので、勝利金は一時所得の扱いとなります。

オンラインカジノ一時所得の計算方法

オンラインカジノの勝利金は課税対象であることが分かったら、具体的にどのように算出されるのかが気になるところですよね。一時所得の金額は、以下の算式が適用されます。
総収入金額-収入を得るために支出した金額(注)-特別控除額(最高50万円)=一時所得の金額
(注) その収入を生じた行為をするため、又は、その収入を生じた原因の発生に伴い、直接要した金額に限ります。

特別控除額が50万円とありますので、50万円までは非課税となります。会社員である場合は、馴染みのない方も多いかもしれませんが、確定申告 オンラインカジノをする必要が出てきます。分からない場合は税務署へ問い合わせるのが安心です。ギャンブルを含めた一時所得にかかる所得税は50%が対象となります。利益の50%が税金の対象となるということです。さらに一時所得は総合課税なため、会社員の方はその給与や、副業でその他収入がある場合もすべて合算して最終的な税額が決定します。オンラインカジノを含むギャンブルでの収益には、50万円の控除額がありますので、オンラインカジノで獲得した勝利金が50万円を超えない限りは、税金を納める必要はありません。

オンラインカジノ 税金がかかるタイミングは、1月1日~12月31日の間に発生した所得に対して行う必要があり、その翌年の2月16日~3月15日の間に確定申告を行うことになります。確定申告に必要となる書類は以下の3種類です。

確定申告をする際の注意点

確定申告を行う際、会社勤めをされている方へご留意いただきたい点があります。それは「住民税の普通徴収」と呼ばれるものです。確定申告書の2面にある、「給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法」という欄を確認してください。そこの「普通徴収」にチェックを入れる必要があります。

「普通徴収」とは住民税を自ら収める方法で、「特別徴収」とはサラリーマンであれば給与を出している会社から給料から天引きする形で納めてもらう方法をそれぞれ指しています。「特別徴収」のままだと、確定申告で明らかになった所得からの金額が雇用主である会社に明らかになってしまいます。「副業禁止項目」などが労働契約に含まれている場合は契約違反となる可能性があります。
「普通徴収」にチェックを入れておけば、住民税徴収票は会社ではなく自宅住所に届くことになるため安心です。

まとめ

他のギャンブルと比較してペイアウト率が高いオンラインカジノ。オンラインカジノでは、運が良ければ思いがけず大勝利を手にすることもあります。嬉しい臨時収入になりますが、納税者なら気になるのがその所得の税法上の取り扱いです。オンラインカジノで得た配当金は所得税の課税対象になります。後に追徴課などとなってしまわないよう面倒に思わず、利益を得たら必ず申告しましょう。税金を納める必要があるほどの勝利金をオンラインカジノで得たということは、ステータスになってもいいくらいです。オンラインカジノはギャンブルなので、勝つ時もあれば負けるときもあります。しっかり戦略を練って勝負するか、最強のツキでもない限りマイナスになることがほとんどでしょう。法解釈というのは、税理士さんや各個人によって違います。

また、オンラインカジノのトピックに関するこのような記事にも興味があるかもしれません: